うつ病の症状を悪化させないためのセルフチェック

あなたは大丈夫と思っていませんか?

うつ病の診断や検査

カウンセリング

うつ病を発症させているかどうかを自分で判断するのは簡単なことではありません。しかし「うつ病チェック」と呼ばれるチェック法を用いれば、うつ病であるかどうか、そしてその症状の度合いなどを調べることができます。

もっと詳しく

食欲や睡眠などとの関係性

医者

うつ病は、食欲や体重の変化、睡眠などと大きく関わっています。例えば食欲に関して言うと、うつ病を発症させてから大きく食欲が低下したり増加したりしてしまいます。この食欲や睡眠に関する問題は、うつ病チェックの項目内容でもよく見られます。

もっと詳しく

自分で簡単にできる

ドクター

うつ病の症状を感じたら、すぐにケアを行なうことが大事です。きちんと改善するためにも、できるだけ早めのケアを行なうようにしましょう。そのためには、日頃からうつ病に関する関心を持っておくことです。自分で簡単に行なえるうつ病のチェック法というものもありますので、把握しておくといいでしょう。

自分で簡単にできるうつ病のチェック法としては、まず寝つきをチェックすることです。疲れているにも関わらず、なかなか寝付くことができないという人はうつ病になる可能性があります。また、眠ることはできても途中で何回も目が覚めてしまうという人も危険です。そのほか、朝早く目が覚めてしまったり、逆に十分寝ているにも関わらず何時間も寝てしまったりといった人も注意が必要です。これらのチェック項目に当てはまる人は、念のため病院で検査を受けられることをオススメします。このうつ病セルフチェックは、WEBサイトから手軽にできるものとなっていますので、気になる人はぜひ試してみるといいでしょう。また、睡眠に関することだけでなく、特に悲しい出来事があったわけでもないのに、なぜか気持ちが沈んでしまうといった場合もうつ病の症状である可能性が高いです。このような状態が続く場合は、専門医に相談してケアを行なってもらうといいでしょう。そのほか、食欲減退や食欲増進による異常な体重の変化も気を付けたほうがいいです。うつ病をケアするには、このような点がないかチェックしてきちんとした改善策を見出してもらうことが大切です。うつ病は、早期発見、早期治療が重要になります。症状が軽いうちに治療を受けることができれば、早く治る可能性も高まるのです。

うつ病にかかりやすい性格

ウーマン

うつ病を発症す人の大る半には、いくつかの共通点があります。几帳面で真面目で、それでいてストレスを溜め込みやすいといった点です。うつ病チェックや病院での診療などを受けて、自分の性格を改めてチェックしてみましょう。

もっと詳しく

最悪のケースを防ぐため

看護師

うつ病には、大きく分けて4つの段階があります。各々に合った心のケアを行なうには、きちんと症状のチェックをした上で適切なケアをすることが大事です。ケアが遅れると、最悪のケースを招いてしまう恐れがあります。

もっと詳しく